七つの大罪 第292話 ネタバレと感想-原初の魔神-

七つの大罪 ネタバレ 感想

「七つの大罪」のネタバレと感想を紹介します!

七つの大罪 291話のあらすじ

 

マーリンの策が見事に決まり、息も絶え絶えのチャンドラーとキューザック

この勝負貰ったっ・・・!そう思ったのもつかの間・・・

はるか上空でゴウセルの禁呪が解かれ状況は一変する・・・!

七つの大罪 292話 悪夢の顕現 希望の帰還のネタバレ

キューザックの精神世界に入り込み、その肉体をブチブチとちぎるマーリン

「普通の魔神であればとっくに正気を失い死んでいるぞ?」

と流石は最上位魔神だと皮肉を込めて褒めるマーリン

しかし、突如、ズキッと頭痛が走り

現実世界へと引き戻されてしまうマーリン

九死に一生を得たチャンドラーも、この隙を逃さず、現実の肉体へと精神を戻す。

一方、リュドシエルも「ぐあああ~~!」と頭を抱えて苦痛に悶ている。

このポーズは・・・、イナバウアーというか、ブリッジというか・・・(苦笑)

どうやらゴウセルの禁呪が解けた影響が強すぎるようだ。

リュドシエルの頭の中はエスタロッサとマエルがごっちゃになり、記憶の整理がつかない様子。

「マエルとエスタロッサとの関係性が深ければ深いほどダメージが大きいようだな」と推測をするキューザック

このドタバタを利用し、すっかり体力を回復した

キューザック、チャンドラー、ゼルドリスの3名。

流石は最上位魔神といったところか・・・

ゼルドリスも戦いに加わり、総攻撃が始まるかと思われたが・・・

「ゼルドリス様にはまだ力を温存して頂かないと」

と、チャンドラーとキューザックが再び攻撃を繰り出してくる。

チャンドラー:「やむを得まい」

キューザック:「これが使命だ」

二人が、自分の持つ武器を重ね合わせるとあたりが光に包まれ

二人が融合し始める・・・

ゼルドリスですら知らなかったこの二人の正体とは・・・

それはいかにも禍々しいオーラを放ち、見るもの全てを死に誘うような・・・

そんな異形の化物であった。

融合が完了した化物は、「我は罪人、原初の魔神」と発言する。

これを見たマーリンは「勝機は今・・・!完全に失われた・・・!!!」という。

場面は変わりーーー

先を急ぐディアンヌ一行。

突然ホークの鼻からまばゆいばかりの光が漏れ・・・

プギャ~~~~!!

光が放出されると、そこからバンの姿が・・・

ついに現世に復帰したバン!!

一刻も早くマーリン達の元へ合流しなければっ!

七つの大罪 292話 悪夢の顕現 希望の帰還の感想

まさかチャンドラーとキューザックが合体するとは・・・

というか、もともとは一つの存在だったんですね。

ここにきて新たな設定が・・・