七つの大罪 第290話 ネタバレと感想-ゼルドリスより強い!-

七つの大罪 ネタバレ 感想

「七つの大罪」のネタバレと感想を紹介します!

七つの大罪の290話 ネタバレと感想を紹介、ゼルドリスより強い奴がいた!

七つの大罪 289話のあらすじ

七つの大罪 第289話 では、エスカノールの、ザ・ワン状態で色々な技が繰り出されて、

楽しい状態になりました!

手や指を使った攻撃で名前がかっこよかった!

・聖剣エスカノール
↑これは手刀

・聖槍エスカノール
↑こちらは指槍

どうですか?かっこいいでしょ(笑)

七つの大罪 290話のネタバレ

ゼルドリスに対し「とどめだ!」とリュドシエルが最後の攻撃を繰り出すが、寸前、キューザックがゼルドリスを守る。

キューザックはゼルドリスに対し、「後は我々が対処するからしばらく休んでいて下さい」と言い。

ゼルドリスもそれに応え「お前らの力を見せつけてやれ!」と言う。

突如、ゼルドリスに代わり、キューザックがリュドシエルの相手をすることに。

しかしキューザックがリュドシエルの相手をしている隙に、チャンドラーがマーリン達に近づく・・・

 

「最も古き者」と呼ばれる魔神チャンドラーとキューザック。その二人の力は”魔神王を除く魔神の中で最強”と謳われているという。

チャンドラーに攻撃を繰り出すマーリンだが、チャンドラーはそれ以上の魔力でマーリンの攻撃を跳ね飛ばす。

絶体絶命か!?と思われたマーリンだが、エンチャントインフィニティを発動し、チャンドラー以上の魔力を引き出し、凄まじい爆発が起こる。

マーリンの攻撃がチャンドラーに直撃し爆風であたりは何も見えない、しかしそんな煙が次第に晴れて行くと
そこには無傷のチャンドラーの姿。

 

そんな魔神の姿に、もはや打つ手がないと、うろたえるリュドシエルだが

「弱点がない・・・ならば弱点を作ればいい」とマーリンが反撃の狼煙を上げる・・・!

 

七つの大罪 290話の感想

まさかのゼルドリスより強いというチャンドラーとキューザックにびっくりです!

えっ!?前回のエスカノールの頑張りはなんだったの!?という思いです笑

キューザックに対して、防戦一方のリュドシエルでしたが、流石のマーリンはチャンドラーと互角以上に戦っており凄いですね。

弱点がなければ弱点を作ればいいじゃないの。

とマリーアントワネットばりの無茶苦茶な理論で挑むマーリンですがその実力は折り紙付き。

 

次号、どんな奇想天外な手で弱点を作り出すのか見ものですね!