川柳少女 106話 感想とネタバレ-動き出した恋模様はいかに-

川柳少女 感想 ネタバレ

川柳少女 の 106 感想とネタバレを紹介!

川柳少女 105話の感想

クリスマスの一件でさらに2人の恋模様が動き出したようですね。

プレゼント交換でもしかしたら告白する流れになってしまうのではないか?

と思いました。

前回アカリの登場や七々子の母親が話していたように

七々子がコミュニケーションの仕方が他とは違うため、

いじめなどの対象にあっていましたが、

町岡や篠田のような分かってくれる友人が登場したのはいい感じだと思いました。

来週も楽しみです。

 

川柳少女 106話のネタバレ

今回は、大学進学に悩む部長のお話。

倉先生の母校である大学にて、倉先生と待ち合わせをする部長。

大学のスケールに驚き、なんだかモチベーションも上がった様子。

しかし、肝心の待ち合わせ場所に登場したのは、髪の毛にヘアアイロンを絡みつけて登場した倉先生でした。

遅刻するわけにはいかなかったので・・・

と言うがいくらなんでもそんな格好で現れなくてもよかったのでは?

部長が倉先生の髪の毛から優しくヘアアイロンを解くのでした。

 

さっそく倉先生に相談をする部長。

モチベーションアップの秘訣を聞くと、倉先生は、やっぱり大学に入ったあとの自分を強くイメージしてました!と答える。

今の担任からは、とにかく偏差値の高い大学に行けと言われているが、単純に偏差値だけで大学を決めても良いのだろうか

本当はやりたいことを決めて、それに合わせて大学進学を決めたほうがいいんじゃないか

と苦悩する部長だが

それに対し、倉先生は

高校生なんて可能性の塊なんだから、今はとにかくいっぱい悩んだほうがいいと思うよ。と言う。

先生も悩んでたんですか?と部長が聞くと

自分は教師になるか魔女になるか最後まで悩んでたんだよ~とあっけらかんと言う倉先生。

まぁ、最後の最後で教師に転びましたけどね。という先生に対し「普通、その二択で最後までもつれる?」と突っ込む部長

そんなこんなで相談を無事に終え満足げの部長。

今後は頑張って試験モードに切り替えて勉強するぞ~!!と熱意に燃えるが、そこに下らないM字開脚タコを作り遊ぶエイジと琴音を見かけ

 

・・・・勉強はやっぱりまだいいかな・・・・

と思うのでした。

川柳少女 106話の感想

倉先生って、なんだかふわふわしてて、よく分からない感じの先生ではありますが

やっぱり、ちゃんと信念をもった教師なんだなと分かる回でしたね。

高校生にとって大学受験はとても大きな問題です。

それに対して真剣に悩む部長と、真剣に答える倉先生、二人の信頼関係が分かるような素敵なお話でした。