約束のネバーランド 第118話 ネタバレと感想-楽園にいた人物とは-

約束のネバーランド

「約束のネバーランド」のネタバレと感想を紹介します!

2019年1月7日発売、週刊少年ジャンプ6・7合併特大号からお届けします!

約束のネバーランド 117話のあらすじ

農園に侵入し、クリスの薬を入手したエマとアンナ。

レイとハヤトと合流すべく、農園の外に出ようとしたところ、エマが鬼に捕まってしまう。

首のIDからエマがGF出身者(最高級肉)とバレてしまい、鬼達に食べられそうになってしまう。

そんな時、紙袋を被った謎の剣士が突如現れ、鬼からエマを助け出す。

この謎の剣士はザジ。ハヤト達の仲間でミネルヴァさんの腹心であった。

薬を入手したエマ達は、ザジと一緒に仲間の元へ戻ることとした。

約束のネバーランド 118話のネタバレ

仲間達の元へ戻ったエマ達。

クリスに薬が投与され、クリスの容態は落ち着きを取り戻す。

一安心するエマ。

その後、休息を挟みながら進むこと2日。

エマ達は大木の茂る森へ到着する。

この森の中には、鬼のものと思われる足跡が残っていた。

レイは「この森にも相当いるだろう、野良鬼が」と推測。

こんな場所に何百の人間のアジトがあるのかと不思議に感じていた。

アジトまであと少しと語るジン。

ハヤトは「俺、先に行ってボスたちに知らせてきます」と語り、足にぐっと力を入れると、ものすごい速さで走り出した。

その足の速さに驚くエマ達。

ジンとザジに連れられて大木の森を進んでいき、ある木の中に入る。

するとそこには巨大な町が広がっていた。

昔、鬼の一族が隠れ住んでいた集落の廃墟を利用したという町。

そこには医薬品、食料、工具、衣類…様々なものが揃っていた。

そして、そこで生活している子供たちみんなが笑顔であった。

「ようこそ!」「やっべー、本当に脱走者だ」と、町の住人の子供達に歓迎されるエマ達。

町の子供達からお菓子とお茶をふるまわれ、喜ぶ子供達。

そんな中、ハヤトがやってきて「ボスがエマさんに会いたいと言っている」と声をかけてくる。

いよいよミネルヴァさんに会えるのか、と緊張するエマ。

「あなたがいたから、脱獄してこれた。あなたがいたから、あの2年もあったんだ」と、歩きながら今までのことを思い出していた。

ハヤトに連れられ、ボスの部屋に入るエマ。

そこにいたのは―

GFで、一緒に脱獄を計画し、志半ばで出荷されてしまったはずのノーマンであった。

エマの瞳から涙が零れ落ちる。

約束のネバーランド 118話の感想

ミネルヴァさんに会えるかと思いきや、まさかのノーマンがボスとして食用児達の楽園を作っていた。

なぜノーマンが今の地位にいるのか、なぜこのような楽園を築くに至ったのか、ミネルヴァさんはどこにいるのか、様々な点が気になる。

また、人並み外れたザジやハヤトの身体能力の理由についても、今後の話の中で明かされると思うので、続きが気になる