夏目友人帳のネタバレ最新。第7巻 第23話

natsume_yujin

LaLaで連載されている「夏目友人帳」。

夏目友人帳は妖怪が見える少年こと夏目貴志と妖怪たちとの交流を描く物語。

夏目友人帳ですが連載が長期化してもなお明かされていない謎があるとのことで、

読者間でも色々な憶測で話題になることも。

この記事では夏目友人帳のネタバレの最新情報をお届けします!

この夏目友人帳のネタバレの最新情報から

明かされていない謎に辿りついてもらえると嬉しいです。

 

夏目友人帳 ネタバレ 最新 第7巻 第23話

小さい頃から時々変なものを見た。他の人にはみえないらしい。

それは、おそらく妖怪と呼ばれるものの類い…。

「おい、みろ夏目屋台が出ているぞ」「夏祭りが近いからなぁ」屋台があるのに気づき、騒ぎだすにゃんこ先生とたしなめる夏目。

 

もうすっかり仲良しに見える。

 

そんな夏目たちが階段を歩いていて鮮やかな着物を着た女性とぶつかった事から話が展開していきます。

 

ぶつかってふと見た肩に血がついていることに驚く夏目です。

 

慌てて辺りを見ましたが着物の女性はいませんでした。

 

気になったので女性が来た方に行ってみることにしました。

石段を上がるとそこにはお堂がありました。

 

恐る恐るお堂のなかを見ると人影が…、そして無数に転がる妖怪たち。

 

身の危険を感じたときには遅く襲ったであろう人影に捕まりかけます。

間一髪でその場にいた妖怪に助けられ空へ逃れた夏目でしたが、助けてくれた妖怪が夏目が人間だと気づき驚ろき夏目を落としてしまいます。

 

まっ逆さまに落ちて行く夏目。

偶然落ちていく先にいたにゃんこ先生に助けられる事になります。

羽の妖怪は、事の経緯を話し夏目に助けを乞うものの青ざめて考え込む夏目をみてさらりと別れを告げ去っていきます。

 

危険を感じとり手伝わないと決めたもののにゃんこ先生と話しているうちに結局何か出来ないかと動き出す夏目ににゃんこ先生も着いていきます。

夏目友人帳 ネタバレ 最新 第7巻 第23話の感想

夏目友人帳第7巻!とうとう的場当主と出逢ってしまった夏目、大丈夫かなぁ。

名前を聞かれてとっさに名乗らない方が良いと判断したのはナイス!

それにしても出だしは祭りに行くのかな?と思ったら早くも妖怪と遭遇してしまって、たまにはのんびりして欲しいなぁと思ったけれど、そこがまた夏目らしいとも思える展開です。

 

妖怪の手助けをしないと英断するも人が関わっていると気づき手がかりを探す夏目、優しすぎるけどそこがまた良いところでもあるから好きです。

 

夏目とにゃんこ先生の行動力。実際にかなりの距離を歩いているでしょ?と毎回思いながら読んでいます。

 

名取さんともそうだけど、的場さんとも仲良くなってくれると嬉しいなぁと次回が楽しみです。