夏目友人帳のネタバレ最新。第6巻 第20話

natsume_yujin

LaLaで連載されている「夏目友人帳」。

夏目友人帳は妖怪が見える少年こと夏目貴志と妖怪たちとの交流を描く物語。

夏目友人帳ですが連載が長期化してもなお明かされていない謎があるとのことで、

読者間でも色々な憶測で話題になることも。

この記事では夏目友人帳のネタバレの最新情報をお届けします!

この夏目友人帳のネタバレの最新情報から

明かされていない謎に辿りついてもらえると嬉しいです。

 

夏目友人帳 ネタバレ 最新 第6巻 第20話

小さな頃から時々変なものを見た、それはおそらく、妖怪と呼ばれるものの類。

身寄りない夏目を快く引き取ってくれた藤原夫妻。

迷惑をかけないためにも妖怪が見えることら、秘密にしている少年夏目のお話です。

第20話は、「う 寒いなぁ」「これしきで軟弱な」と夏目とにゃんこ先生のちょっとした楽しげな日常の会話から始まります。

そしてなぜか普通なら通りすぎるだろう廃屋が気になり入っていきます。

にゃんこ先生にも入っていいのか?と注意されるも、悲鳴がした気がするからとどんどんはいっいく夏目です。

長い箱を見つけて、中から声がしたので思わず開けて誰かも解らないものを助けてしまいます。

中には、ランドセルを背負った小学生が…。

 

助けられた子どももビックリして逃げてしまいましたが、夏目は助けたものの、何か気になる様子です。

 

落とし物があったため届けにいこうとしますが、助けた子どもの友達から追われて、言われた言葉にショックを受けます。

 

帰り際、助けた子どもの話を思いだし、自分と同じで妖怪が見えるのでは?と心配し出します。

助けた子どもカイは、夏目と距離をとりつつも夏目の率直な言葉かけに少しずつ心を開いてくれました。

どうやら問題を抱えているようで、夏目の友人タキも巻き込んで物語は進んでいきます。

偶然見かけた名取さんからカイが何者なのか聞いた夏目は悩みます。

夏目友人帳 ネタバレ 最新 第6巻 第20話の感想

第5巻!は、カイと出会った夏目の小さな少年を自分の昔と重ねながら悩む姿に大丈夫か!とハラハラします。

廃屋なんてよく入ったなぁとも思うし、にゃんこ先生の入って良いのか?と問いかけに、やめとけば良いのになぁとドキドキしながら読み進みました。

 

カイとタキと話す夏目のカイに向ける優しい眼差しに、良かったなぁと思っていたのに、カイが妖怪で名取さんが関わるな!と注意をきき、カイへの気持ちの葛藤や自分がどうしたいのか悩む夏目に、私までどうしたら良いのだろう、と考えてしまいました。

 

結局、カイを助けに行く夏目なんですが…。

名取さんの不器用なところももどかしいです。

でも、それもまた良いところのように思えるんですよね。この二人、どうなるやらです。