EDENS ZERO(エデンズゼロ) 第22話 ネタバレと感想-どうなる裸の脱出作戦-

EDENS ZERO(エデンズゼロ) ネタバレ 感想

EDENS ZERO(エデンズゼロ) 第22話 ネタバレと感想-裸の脱出作戦にハラハラ-

「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」は真島ヒロ先生の作品。最新作 「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」のネタバレと感想を紹介します!

EDENS ZERO(エデンズゼロ) 21話のあらすじ

傭兵団ローグアウトによるB・キューバー狩りで、

レベッカを含む29人の少女が、「悪の巣窟・惑星ギルスト」に連れ去られてしまう。

そこでわかった事実!

それは、「イリーガというゲスな金持ちの依頼」だったということだった。

レベッカを救うため、ギルストに降り立ったシキ。

ローグアウトの団長「シスター」を尾行するが果たして・・・

EDENS ZERO(エデンズゼロ) 22話のネタバレ

さて、傭兵部隊を相手に孤軍奮闘したホムラでしたが、なんとまぁ余裕の勝利。

眼前に全滅した傭兵部隊を見て「私はまだ斬り足りぬ」という恐ろしげなホムラ

それを陰からみて「何だアイツ、まさかヤベー奴なのか?」というワイズでした。
(さりげに「てか、いいケツしてやがる」とケツの確認もバッチリな様子。)

さて、場面はイリーガタワーに切り替わる。

どうやらイリーガ側とローグアウト側でもめている様子。

それもそのはず、イリーガ側は「誘拐してきたのが30人ではなく29人だから金は払わない」と主張しているのだ

それに対し「せめて29人分の金は払えっての!!」とローグアウトも一歩も引かない様子。

このままでは一触即発だ。

そこにシスターが現れ、私が直接イリーガと話をつけるという。

場面は再びB・キューバー達へ

前回、少女が石にされる所を目撃してしまい、あまりのショックに泣き叫ぶみんなだったが

「絶対 脱出するから!!!」

「みんなで力を合わせて!!」

とみんなを元気づける。

 

泡の正体をみんなで調べた所

 

人体にはまったく影響はないが、貴金属などガラス製のアクセサリー等だけが溶けていることに気がつく。

そして、タワー上部にあるガラス戸を見てレベッカが「この泡でガラス戸を溶かせないかしら」と言う。

しかしガラス戸までは距離がありとてもじゃないが一人の力では届かない・・・

そこで全員で人形ピラミッドを作ることに!

しかし、一番下はかなりキツイ様子で、今にも崩れそうな様子。

レベッカが頂上に立ちなんとかガラス戸まであと数cmというところまで手が迫った所で

ピラミッドがドドドドッ!と崩れてしまう。

しかしなんとかギリギリ窓枠に手をかけていたレベッカ。

なんとか人間が一人分くぐり抜けられそうな広さを溶かすことができ、そこをくぐり抜けていくレベッカ。

通気口をくぐり、別の部屋を目指すレベッカ。

 

最初に食料庫を見つけるが、いつのまにかチュルンとカエルの舌が足にまとわりついており

そのまま一気に引っ張られ地上に落とされてしまう。

 

そこにいたのはイリーガだった。

レベッカがどうやって脱出したのか不思議がるイリーガだが、ちょっとムカつくから家具にするよりオモチャにしたいと言い出す。

レベッカの足に絡みつくイリーガの舌が次第にビリビリと痺れてきて、身体が痺れてくるレベッカ。

「君はダメ・・・君はオモチャなの・・・」

「壊れるまでいっぱい遊んであげるのォ」

とビリビリとレベッカを痺れさせてくるイリーガだったが

その瞬間、地面がからドゴォッとシキが登場し、イリーガの顔に鋭い蹴りを炸裂させる。

第23話 「ミリオンバレット」 に続く!

EDENS ZERO(エデンズゼロ) 22話の感想

さてさて、シキの鋭い蹴りを喰らったイリーガはこれにてダウンでしょうか・・・?
見た目からしてあまり強そうに見えませんもんねこのカエル。

しかし、実はあのでかい図体は、物理攻撃を吸収してしまい、全く蹴りが効かないとか!!!?

さて、次号 第23話 「ミリオンバレット」に続きます!