夏目友人帳のネタバレ最新。3巻 第9話

natsume_yujin

LaLaで連載されている「夏目友人帳」。

夏目友人帳は妖怪が見える少年こと夏目貴志と妖怪たちとの交流を描く物語。

夏目友人帳ですが連載が長期化してもなお明かされていない謎があるとのことで、

読者間でも色々な憶測で話題になることも。

この記事では夏目友人帳のネタバレの最新情報をお届けします!

この夏目友人帳のネタバレの最新情報から

明かされていない謎に辿りついてもらえると嬉しいです。

 

夏目友人帳 ネタバレ 最新 第3巻 第9話

「あぶない…夏目」「ん?」バサバサバサ…。

「大丈夫か?」小さい時から度々変なもの見えてしまう。

 

どうやら他の人には見えないらしい、それはおそらく妖怪と呼ばれるものの類。

妖怪に出会ったり、追われる日々を送る少年夏目の話です。

 

第9話は、多くの妖怪に慕われている妖怪(黒い招き猫)の封印をといたことから、

妖怪たちの騒動に巻き込まれていきます。

 

人を好きな妖怪(黒い招き猫)を慕う妖怪たちの想いを耳にして力になりたいと話す夏目。

それを見て人嫌いと言っていた紅峰も一役かって手助けをしてくれます。

茂みの中で相談していて妖怪たちに見つかってしまって危機に陥る夏目でしたが、

そんな中でも必死に黒い招き猫に捕らわれてしまった妖怪の名を知るものがいないかともがきます。

 

ぎりぎりのところで名前がリオウ様とわかり、

にゃんこ先生の助けもあって封印されていた妖怪(黒い招き猫)に名を返す事に成功した夏目。

 

リオウと言葉を交わしリオウの記憶に触れ、思い更ける夏目。

 

妖怪たちの騒動に巻き込まれたものの、紅峰という知り合いも増え、

にゃんこ先生を見ながら柔らかな視線を投げ掛けます。

「素直なお前は気持ち悪いなぁ」

とにゃんこ先生に毒づかれながらも特に気にするでもなく

「黒にゃんこ、かわいいなぁ」と言ってみたりして、

出会った頃とは違うお互いの思いが繋がりつつあるような仲の良さを感じます。

夏目友人帳 ネタバレ 最新 第3巻 第9話の感想

第3巻!はぁー、夏目とにゃんこ先生がよい感じですね。

変わらず助けてくれなくてげんこつされるにゃんこ先生も見かけますが…。

リオウ様もきれいでしたが、紅峰もきれいな妖怪でした。

面のかわりに大振りの蝶は、着物に合ってよい感じです。

 

夏目に助けてほしくて友人帳を持っていった黒にゃんこの行動には、

これは大変と焦りましたが、ちゃんと理由があったんですね。

 

3巻には、この他にも好きな話が入っています。

 

蛍の妖怪の話や妖怪の見える名取さんとの話も好きな話です。

名取さんは、少し不思議な人で、関わることで気づくこと教わることもあるので好んで読み返しています。