食戟のソーマ293話 ネタバレと感想~猛る兵装~

食戟のソーマ

「食戟のソーマ」のネタバレと感想を紹介します!

この記事は、2018年12月22日発売、週刊少年ジャンプ4・5合併特大号の最新話になります!

食戟のソーマ ネタバレ 292話 あらすじ

第3の試練が始まり、

“裏”の料理人達が自分達の能力を活かし課題をクリアしていく。

“表”の料理人達は、その様子に怯んでしまう。

 

しかし、遠月の料理人達はそんな環境にも関わらず課題に挑み、

必殺料理レベルの料理を作り上げていく。

 

審査員であるサージェは

「“表”にも骨のある者はいたか」と評価しながらも、

怯んでしまった“表”の料理人達に対しては

「調理台に向かう覚悟なき者は、今すぐ立ち去れ!」

と怒鳴りつける。

 

その様子を見ながら、創真は不敵な笑みを浮かべる。

第3の試練終了から数時間後。

城郭本丸前には、料理対決が出来る環境が整えられており、

観客がその周囲を取り囲んでいた。

アナウンスと同時に入ってきたのは、

審査員を務めていたサージェ。

 

そして第3の試練を突破した創真であった。

サージェと創真の戦いが始まる・・・

食戟のソーマ ネタバレ 293話

料理対決1回戦は、サージェvs.創真。

創真と向かい合ったサージェの口から、

朝陽の名前が出てきたことに驚く創真。

 

才波朝陽のことを知っているのか尋ねるが、

サージェは「貴様には関係のないことだ」と答えない。

サージェは以前、朝陽から創真について話を聞いていた。

「腕は大したことなかった。雑魚だよ、雑魚!」

と朝陽は語っていたが、にも拘わらず創真は第3の試練を突破した。

サージェにとって、朝陽は遵奉すべき最高司令官そのもの。

その朝陽の見立てが間違っていたとは考えたくなかった。

「貴様は雑魚でなくてはならんのだ!」

とサージェは創真を睨みつける。

料理対決1回戦のお題は

「クリスマスパーティを盛り上げるケーキ」。

菓子をあまり作ったことがない、

と語る創真に対し、サージェは「“表”の連中と我々では、そこが違う」と語る。

 

そしてチェーンソーのようなC・C・ナイフを取り出し、

卵白とグラニュー糖を入れたボウルに入れ、起動。

 

すると、ボウルの中できめ細かい見事なメレンゲが出来上がっていく。

メレンゲを完成させると、長柄ハンマーを一気に振り下ろしてチョコレートの塊を粉砕。

最後は特殊改造オーブンの起爆装置を作動。

 

爆発と同時にパイ生地を焼き上げた。

調理過程は危なっかしいものであったが、完成したケーキは上品で美しいケーキ。

 

雪のような滑らかな口当たり、ミルフィーユのように積み重ねたパイ生地のホロホロ感。

食べ進めると、コクのあるチョコレートの甘味が炸裂。

『クラスターボムケーキ』と名付けられたそのケーキは、審査員全員を感動させた。

 

『クラスターボムケーキ』を作り終え、

サージェは「この次元の美味…作れるものなら作ってみろ!」と創真を煽る。

 

創真は「奇遇っすね。俺も持ってるんすよ、チェーンソーなら…!」と語り、

ポケットに手を入れる。

何が出てくるのか見守るサージェ。

しかし、創真が出したのは木製のアイス用スプーンだった。

驚くサージェ。

創真はアイス用スプーンでどう戦っていくのか。

食戟のソーマ ネタバレ293話の感想

兵器を使いこなしながら、美味なケーキを作り上げたサージェ。

アイス用スプーンで創真はこのケーキにどう戦いを挑んでいくのか、気になります。