アクタージュ 第47話 ネタバレと感想 -一人芝居が気になる-

アクタージュ ネタバレ

「アクタージュ」のネタバレと感想を紹介します!

2018年12月22日発売、週刊少年ジャンプ4・5合併特大号からお届けします!

アクタージュ 46話のあらすじ

アクタージュ 第46話 ネタバレと感想-ついに再終幕-

アクタージュ 46話のお話し覚えていますか?

↓ ↓ ↓

>>>アクタージュ 46話はこちらから

 

アクタージュ 47話のネタバレ

再終幕が上がり、阿良也演じるジョバンニが暗い表情で母親と対話する回想シーンを一人芝居で演じるところからから始まります。舞台は暗転後、銀河鉄道の車内でカムパネルラと歓談する場面に変わります。虚無と幸福、その感情表現の落差に観客は驚嘆します。阿良也はカムパネルラにずっと一緒にいようねと楽しそうに話しかけてます。

ですが観客はカムパネルラが既に死んでいることを知っているため、この後ジョバンニに訪れる悲しみに思いを馳せます。

 

カムパネルラを演じる夜凪は顔を伏せ沈黙を保ってました。

その表情は読み取ることができず、阿良也は夜凪の顔を覗き込んで話しかけます。

 

観客は阿良也の演技に圧倒されてました。観客はカムパネルラの死を知っていますが、ジョバンニはそれを知りません。阿良也は母親との対話のシーンを一人芝居で演じたことにより、無垢な少年の姿を際立たせ、今まで存在感を感じさせなかったジョバンニに圧倒的な存在感を持たせ始めました。

 

阿良也は思い返してます。

「俺は経験を喰って芝居をする」

阿良也は孤独な少年時代を過ごしていました。だから孤独を演じるのは難しくなかった。しかし、それ故に母親との対話を演じるのは少し難しかったと。

 

そんな阿良也の前に夜凪は現れ、彼女から刺激を受け、気付きました。

カムパネルラとの幸せを演じるのは簡単だと。

阿良也が思いを馳せるのは演出家の巌と出会えたことでした。

「“出会い”と“別れ”をありがとう 俺はあんんたの死を喰らってより高みへ至る」

阿良也はその想いを胸に抱き、ジョバンニの演技をさらに進化させます。

 

共演者達は稽古でも見た事のないその演技に圧倒されます。

 

夜凪と巌を同一視することによって阿良也は役とシンクロしていました。

客席にいる千世子はそういう芝居をする人間を一人知ってます。

これが憑依型カメレオン俳優、明神阿良也。不幸も幸福もすべて自分の血肉とする怪物

千世子は夜凪と同じタイプの役者である阿良也に出会えたことを良かったと思うのでした。

 

アクタージュ 47話の感想

前回は自分はさらに進化できると宣言していた阿良也ですが、その言葉の通り芝居中にさらなる進化を見せました。

そして阿良也の内面について描かれました。

孤独だった自分は巌と出会ったことにより大切な人との出会いと別れを経験したこと。

それだけ巌が阿良也にとって重要な人物だったという思いが伝わります。

 

千世子は、阿良也は夜凪と同じタイプの役者だと感じ取ってます。

夜凪は自分の経験をもとにその時の感情を再現するタイプの女優だからです。

同じタイプの天才同士が出会ったことにより阿良也は己の才能にさらに磨きをかけたのしょう。

では夜凪は?

今回の夜凪は目を伏せ沈黙を保っていましたが夜凪は阿良也との出会いでより進化できたのでしょうか。

夜凪は沈黙を破り、どのような演技を見せるのでしょうか。

次回に続きます。