約束のネバーランド 第116話 ネタバレと感想

約束のネバーランド

「約束のネバーランド」のネタバレと感想を紹介します!

約束のネバーランド 115話のあらすじ

「ライオンのあご」という名の岩場を目指し、進むエマ達。

そこで、鬼に襲われている2人の人間を発見し助ける。

助けた2人は

「W・ミネルヴァの仲間であり、あなた達GFの脱走者を探していた」と語る。

「W・ミネルヴァは食用児達を農園から解放し、一大集落を築いている」

と聞いたエマは、ミネルヴァが無事であったことに安堵し喜ぶ。

 

助けた2人はジンとハヤトと名乗り、エマ達をその集落に案内すると語る。

みんなでその集落に向かおうとしたところ、クリスの容態が急変。

持っている薬も底をついており、うろたえるエマ達。

その時、ハヤトからクリスを助ける方法として、

近くにある農園に潜入し、薬を盗むことを提案される。

約束のネバーランド 116話のネタバレ

農園に潜入すると聞いて、うろたえるエマ達。

ハヤトは、西から5km行ったところに量産農園があり、

以前も物資調達で盗みに入ったことがあると語る。

エマはハヤトの提案に少し悩んでいたが、最終的には行くことを決断。

日没までに戻らなかった場合、

他の仲間達を連れてミネルヴァの元へ向かうよう、ジンに依頼する。

あと一人、薬に詳しい人を連れていきたいと、エマはザックへ同行を依頼。

 

すると、アンナが「私に行かせて」と名乗りをあげる。

アンナは、何かあった時に的確に対処できるザックには残ってもらったほうが良いと語る。

周囲はアンナが同行することに心配するが、

ザックは「アンナこそ、一番薬に詳しい」と、アンナがエマと同行することに賛成。

サンディも

「アンナは、この1年半、兄弟・仲間を救うために、誰よりも薬・医療について勉強してきた」

と語り、アンナの知識量を保証。

 

ザックは「アンナなら、目当ての薬がなかった時にも、必ず対処できる」と語る。

エマ、アンナの他にレイも加わり、

案内役のハヤトも含め合計4人で農園に潜入することになった。

 

ハヤトはエマ達を農園へ案内。

低級の量産農園であり、警備は低いとしながらも

「出来る限り音を立てないでください」「見つかれば最期、鬼達は全力で俺達を捕えます」と注意を促す。

 

ハヤトを先頭に農園に潜入するエマ達。

順調に進んでいき、薬品室まであと少しの所まで到達する。

しかし、そこで農園内を巡回していた鬼に見つかってしまう。

 

最近農園での盗難が増えたため、鬼は見張りの頻度を増やしていたのだった。

レイは鬼に向かって発砲し、エマ達を守る。

 

巡回に来た鬼は倒したが、

監視カメラにその映像は映っており、

発砲音もカメラを通じて監視室に伝わってしまった。

 

農園に鳴り響く警報。

集合する鬼達。

 

レイは鬼達を引き付けるため、一人でエマ達から離れる。

ハヤトはこの展開に恐怖を感じたが、

道を知らない状態で離れていったレイを心配し、レイを追いかける。

アンナもうろたえるが、エマに促され、薬品庫に侵入。

「私のすべきこと…!レイとハヤトが引きつけてくれている間に、私とエマで、クリスの薬を探し出す!」

約束のネバーランド 116話の感想

鬼に見つかってしまい、逸れてしまったレイとハヤト。

4人は再び合流することが出来るのか。

また、クリスの薬を無事に持ち帰ることが出来るのか、

今後の展開が気になる。