食戟のソーマ 第291話 ネタバレと感想-異能の料理人-

食戟のソーマ

「食戟のソーマ」のネタバレと感想を紹介します!

この記事は、2018年12月10日発売の週刊少年ジャンプ2号の最新話になります!

食戟のソーマ 290話のあらすじ

第三の門へ到達した創真達。

そこで審査員を務めるノワールの一人が、

特等執行官の指示で牛肉を調理する。

シーズニングスパイスを塗したチェーンソーを用い、

牛肉を絶品料理に仕上げる。

料理を口にした“表”の料理人は、

埒外にある調理法・美味な味わいに、

今まで築き上げてきた誇りが削り取られ、

絶たれていくのを感じていた。

第三の門の試練は、

「牛肉を、ノワールが調理したクラスの美味にまで仕上げること」

果たして創真達は試練をクリアすることが出来るのか。

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。
↓ ↓ ↓
【クリック!】
>>食戟のソーマ ネタバレ 290 感想

 

食戟のソーマ 291話のネタバレ

ノワールの調理を見ていた大泉殿は、

「あんなデタラメな調理で、本物の美味が作れるわけがない」と、

料理の味に疑念を抱いていた。

しかし一口食べて、料理が必殺料理(スペシャリテ)級の美味さであることに驚く。

必殺料理とは、「その人物にしか作れない、真に独創性のある品」という遠月学園の用語。

「つまり、特等執行官はこう仰っているのだ。

『あの牛肉を素材として、今この場で「必殺料理」を出してみよ!』とな!」と、

審査員の一人は語る。

しかし、料理を食べていない“表”の料理人達は、

「本当にノワールが、そこまでの品を出したのか」と懐疑的に見ていた。

そんな“表”の料理人に対し、追加の料理を作り提供するノワール。

“表”の料理人は一口食べ、あまりの美味さに言葉が出ない。

このノワールは、チェーンソーさながらの「チェーン・カービング・ナイフ」とはじめ、

おおよそ調理とは程遠い道具類を使いこなし、

味わう者の常識を覆し破壊する料理を作り続けてきた。

人呼んで「兵装料理(ディッシュ・アームド)」の使い手であったのだ。

料理の腕を知らしめ、

「これで納得したか?」と言い放つノワール。

“表”の料理人は言葉が出ない。

そんなノワールの審査に挑み始めたのは、“裏”の料理人達。

サーカスのジャグリングのように球状の特殊鍋を扱い、

圧力鍋を上回る柔らかさで肉を仕上げた「調理場ピエロ マルカンタ」。

肉から血を抜き、最高の調味料に仕立て上げた「赤黒の処刑人 クロード・ビル」。

断頭台を用い、牛フィレ肉を見事な薄切りにしてのけた「跳ね回る狂気 バニーヘア」。

作り方は三者三様ではあるが、それぞれが見事な牛肉料理を作り上げた。

そして、この3人の“裏”の料理人達は試練に合格。

その様子をモニター越しに見ていた特等執行官は、

「此度のBLUEにノミネートされたノワールは皆、類稀なる『異能』の持ち主!

ここにいる“表”の連中に、こんな事はできまいて!」と言い放つ。

しかし、その言葉を受け、特等執行官の横にいる女性が「いいえ、特等執行官。

それはまだわからないのです」と語りだす。

その女性曰く、

“表”の料理人の中にも“異能の片鱗”を持つ者らがいるという。

そのやり取りの中、恵や司は怯むことなく、

いかに料理を仕上げるべきか、真剣に考え始めていた。

“表”お料理人に勝機はあるのか。

食戟のソーマ 291話の感想

奇想天外な調理法で絶品料理を作り上げる“裏”の料理人達。

そんな強敵に創真達はどんな料理で挑み、合格を勝ち取っていくのか気になる。

また、これからもどんな奇想天外な調理法や料理が出てくるのかも楽しみ。