もういっぽん 第8話 ネタバレと感想-永遠ちゃんの過去-

「もういっぽん」のネタバレと感想を紹介します!

2018年12月6日発売、週刊少年チャンピオン 2019年No.1号の作品です。

もういっぽん 第7話のあらすじ

ゴールデンウィークも練習に励む三人

 

練習帰りに、ファミレスによって部活の話に花を咲かせていると

 

なにやら、謎の女の子3人組に因縁を付けられてしまう、未知と永遠と早苗

 

どうやら、相手は永遠の事を知っている様子だが・・・?

もういっぽん 第8話 笑顔のネタバレ

 

揺れるポニーテール、伝う汗の光。

眩しすぎて見えない 小さな君の背中。

永遠はその小さな背中に何を思う・・・

 

 

ファミレスでなにやら因縁を付けられる3人組

「相変わらず、全然強そうに見えないね」

そう永遠に話すのは 霞が丘高校の 天音 恵梨香である。

 

昔、天音と永遠は同じ中学校に通っており

中学最後のレギュラー決定戦にて、永遠に負けてしまった過去があるようだ。

 

そのことから今もライバル心を滾らせている天音

永遠に対し「中堅で出てこい、あたしと決着をつけろ!」

とまくしたてる天音であった。

 

数日後・・・

いつもの様に体育館で練習に励む三人

永遠ちゃんを完璧な一本でなげる未知であったが

「あんまりキモチくない」という未知

どうも先日のファミレスの件以来、永遠の様子がおかしい・・・

 

「何があったか教えてくれ~」と

いつものように明るく永遠ちゃんをコチョコチョくすぐる未知だが

途中でパッとやめ

「ってしょうと思ったけどさ、やめときなって早苗がね」と語る未知

 

永遠ちゃんは気にしすぎるきらいがあるけど、それも含めて「永遠ちゃんのいいとこか」

と、ニコッと明るく話しかける未知

 

そんな二人の横に、早苗も加わり

「敏感なんだよね、どっかの誰かさんと違ってね」という早苗

 

「あーいるよねー、空気読めない人」

「他人のパフェ怒られながら食べ続ける人とかね」

 

と二人が冗談を言い合う姿に、ようやく永遠も緊張の糸が切れ

思わず笑顔になる永遠。

 

未知もそんな永遠を見て「そうそう、その顔のほうがいいよ!」

と、永遠ちゃんをこちょこちょくすぐるのでした。

そうして、気分もおちつき、また元の強い永遠ちゃんに。

 

「せやああああ!」 永遠ちゃんにキレイに投げられる未知でしたがとても気持ちよさそうです。

 

そんな2人をみている夏目先生と早苗

先生:「園田・・・、空気は読めないが」

早苗:「気持ち(空気)、変えてくれるんです」

 

再び仲良く、練習開始!!

打倒、天音恵梨香じゃあああ!!!

もういっぽん 第8話 笑顔の感想

 

永遠ちゃんの落ち込む姿なんてみたくない・・・

スポーツだからしょうがないけど、誰かが勝つって事は誰かが負けるってことなんですよね。

そんな当たり前の現実だけど、負けた方からしたら、自分が今までしてきた努力がまるで無駄だったかのように感じられる。

でも、勝負の場を離れたらみんな仲良し、それが理想なんです♪

明るい未知に引っ張られ、永遠ちゃんも過去のトラウマなんか忘れちゃえっ!