炎炎ノ消防隊 第153話 ネタバレと感想-マキの運命-

炎炎ノ消防隊 ネタバレ 感想

炎炎ノ消防隊のネタバレと感想を紹介します!

炎炎ノ消防隊 152話 尾瀬一門のおさらい

尾瀬大将、滝義中尉、マキ、それにお母さん。

家族揃って久々の一家団欒です。

怒らせると一番怖いのはやはりお母さん・・・

炎炎ノ消防隊 153話 指令のネタバレとあらすじ

 

ネザー調査の指令を受け、地下へと潜った滝義中尉

怪しげな研究施設を発見し、慎重に探索をしていると、なにやら怪しい影が動く・・・

「誰だっ!!」

慎重に進んでいくとなにかに躓いてしまう滝義中尉。

明かりを照らしてみてみると、それは焔ビトの死体・・・

一緒に居た仲間が「コアが破壊されてないのに死んでいるだと・・・?」と訝しむ。

「出てこい!!そこにいるのは分かってるぞ!」

滝義中尉が怪しい影に明かりを照らすと・・・・

そこには爆弾を体に巻き付けた白装束が・・・

退避する間もなく、自爆する白装束

 

—病院にて

全治三ヶ月の重症という診断を貰う滝義中尉

なんとかあの爆発から生き延びたようだ。

当然、尾瀬大将にもネザーでの1件は直ぐに報告される。

 

まずは息子の無事を喜ぶ大将だが・・・

事態を深刻に見た上層部は、第2特殊消防隊にネザーの調査任務を与えるのであった

この事は第8特殊消防教会にも話が伝わり

今回の任務は第2との共同任務になるということだ。

しかし、大将もやはり人の子である・・・

マキに下された内容とは、軍への帰還命令であった・・・

だが、その事に納得できないマキは

「中隊長に誘われて入ったこの特殊消防隊に誇りを持っている」

「だから第8に残るに決まってるじゃないですか!」

と突っぱねるのだが・・・

火縄中隊長から下された決断は「軍に戻れ」という内容だった・・・

 

炎炎ノ消防隊 153話 指令の感想と考察

 

やっぱり、息子に続き、娘を危険な目にも合わせたくないですよね・・・

あの爆発で滝義中尉はなんとか一命をとりとめましたが、もしこれがマキだったとしたら・・・

考えたくもありませんよね。

次回、マキの運命やいかに!